錦糸町の北口東エリアをご紹介

錦糸町駅を中心とするエリアに特化しているmarchi不動産がご紹介する、錦糸町紹介シリーズ。錦糸町駅の北側エリアの中でも、今回は北口の東エリアをご紹介します。

まず、大体の住所は、
墨田区
「錦糸」(キンシ)四丁目
「太平」(タイヘイ)四丁目
「横川」(ヨコカワ)四丁目
江東区
「亀戸」(カメイド)二~三丁目の辺りとなります。

北口、東側は何と言っても錦糸公園を中心としたエリアになります。
錦糸公園脇を通る、横十間川を渡る…
そんな緑と水を感じるエリアです。
商業施設のオリナスも錦糸町駅の北東、このエリア方面にあります。

特に錦糸四丁目は、公園に面した北斎通り沿いでは、唯一無二のパークビューが楽しめる物件もあります。
個人的には錦糸町エリアの中で最も好きなエリアでですが、やや物件が少ないという事情もあります。
また、錦糸四丁目は、小さいながらも素敵な飲食店が軒を連ねます。
本当にお勧めのお店が多くあります。

錦糸四丁目から少し北上した、亀戸二丁目~のエリアも負けず劣らずのお勧めエリアとなります。こちらは、横十間川沿いの物件も多く、錦糸公園は直接に望めなくとも、今度はリバービュー物件があります。

どちらのエリアも、お部屋から望めなくとも物件からは極近に自然があり、普段の生活の中で共にすることが出来ます。

東京は自然が限られるため、大きな公園や残された自然をシェア出来るような街が素敵だな…と日々思うわけですが、そう考えると錦糸公園は都心にある駅近の公園としてはベストサイズかもしれません。
大きすぎず小さすぎず、駅からとても近い。錦糸公園の魅力は語り尽くせませんが、都市と緑のベストマッチだと、常に思っている次第です。

賃料的には、錦糸四丁目は物件が少ないですが、築古の物件も多くそれほど高いなぁという印象はありません。更に、北上した太平や横川、東側の亀戸では、
やや駅から少し歩くエリアになりますので、お手頃の価格帯であることもポイントです。

都心の機能性も欲しいけど、豊かな自然と共に生活したい、そんなこだわり派の方にお勧めできるエリアだと思います。