移民のうた

突然ですが、私はかなりの面倒くさがりやです。
掃除も全然しないし、休みの日に家に食べるものがなくても「外に出るのが面倒だから水道水を飲んで我慢する」くらいです。

そんな私ですが、何故か引越しは大好きです。
人によっては「なんであんな面倒なことを何回もするの?」と言われたりしますが、引越しの面倒くささは苦にならないんですよね。
飲み終わったビールの空き缶は、そのまま置きっぱなしにしてしまうのに。笑

引越しの面倒くささと言えば、各種手続きなどがあるかと思いますが、
過去に、免許証の住所変更も、郵便局への転居届も出さなかったせいで、免許更新についてのハガキが届かず、危うく免許を失効しかけたことがありました。
各種手続きは面倒くさがらずにしたほうがいいです。笑

思い出話は置いておいて、何故引越しが好きなのか考えてみたんですが、
まずは単純に「部屋探しをするのが好き」ということがあります。

いろんな不動産サイトでいろんな部屋の間取り図を見ながら、あれこれ妄想するのが楽しいんです。
ベッドはここに置いて、テレビはこっちで、みたいな。
たまに、全然手の届かない高級物件も見てみた結果、
部屋が広すぎて「使い道がない…」となってしまったり。

そんな風に「部屋探しで間取り図を見ながら妄想するのが好き」という理由の他に、
「新しい街に行くのが好き」というのもあります。

以前、海外旅行に行った際、貧乏旅行だったので、
安宿に泊まり、ご飯は、その辺の安い食堂みたいなところか、現地のスーパーで食材を買って、共同キッチンで調理して食べる。
という旅だったんですが、そういう実際に歩いた街の雰囲気の方が、その旅行で行った世界遺産よりも思い出に残っていました。

その後、東京の行ったことのない街をぶらぶらするのを、ちょっとした趣味にしていました。
同じ日本の同じ東京なので、そこまで雰囲気は変わりませんが、やはり違う街だな、と思うことは多々あります。
知らない街で知らない店に行くのも楽しいです。小心者の人見知りなのに。笑
だからこそ冒険感があったのかも?

それと同じように「引越しで新しい街に行くのが好き」というのが、引越し好きの理由のひとつです。
引越しは、街ごと自分の部屋だと考えるとさらに楽しいです。
どこにどんな店があるか、自然や公園はあるのか?など色々見るポイントも出てきます。
marchi不動産としては錦糸町をオススメしますが、もちろん他の地域でもお問い合わせください!

新しい街の新しい部屋で新しい暮らし。はじめませんか?