こだわりの条件

引越しの際に重視するポイントは人それぞれです。
ポータルサイトなどを見ると、広さや賃料など以外に「こだわりの条件」の項目が何十個もあって、色々と選べるようになってます。
ネットでもお店に行く場合でも、それぞれ自分の希望を決めた上で条件にに合った部屋を探すかと思います。

私も過去何回か引っ越しましたが、色々と「こだわりの条件」がありまし…いや、ほぼ無かったです。(笑)

初めての一人暮らし、あの時は本当に右も左もわからかったので、まぁ置いておくとして…。
次は、同じ駅の北口から南口へ、同じような賃料の、同じような部屋に引っ越しました。
今となっては何故引っ越したのか自分でもよくわかりません…

そして3回目、今度はちゃんと他の駅に引っ越しました(笑)
しかも私鉄の急行にスルーされるような駅から、急行の止まる、JRもメトロも乗り入れる人気の駅に!

その時の条件は、「駅近」「賃料6万円くらい」で「なるべく広い部屋」でした。
その条件で出てきたのが、駅からは7~8分くらい、1DKで部屋とDKがそれぞれ5畳で、風呂は3点ユニットで賃料は6万円の部屋。

相場より安いだけあって、この物件なかなか独特で、1Kや1DKだと大体キッチンが玄関側にあると思うのですが、ここは逆で、キッチンが部屋の奥側にありましたした。
ベッドはやはり玄関側よりは奥側に置きたいので、1DKなのにキッチンの前にベッドを置いてました。(笑)

さらにこの物件最大の特徴が玄関です。玄関が簡単に蹴破れそうな木の板で、鍵は昔のトイレなんかによくあったノブの真ん中をポチッと押すやつでした。

この鍵は、中からノブを回せば鍵が空き、ボタンを押した状態でドアを閉めればそのまま鍵が閉まるので、これは楽かも、なんて思いつつ、出かける時はいつもそのスタイルで出ていたら、
ゴミを出しの時に、鍵を持たずにいつものように鍵を閉めてしまい、締め出されてしまったことがありました。(笑)

こんな感じなので当然壁も薄く、引越し初日の夜に友達と部屋飲みをしていたら、さっそく隣人に注意されたり、
他の部屋の人のいびきが聞こえてきたりしました。
そういえば、上の階の人に足音がうるさいと注意しに行ったこともありました…

しかし自分で言うのもなんですが、かなり鈍感と言うか、良く言えば「環境適応能力が高い」ので、あっという間に慣れて何の問題もなく暮らしていました。
住めば都とはよく言ったものです。

いつの間にか思い出話になってしまいました(笑)
話が逸れてしまいましたが、結局何が言いたかったかというと、
条件は色々あるかと思いますが、一度整理して順位付けをしてみることをオススメします。
絶対譲れないものから、あればラッキーくらいのものまで。
そうすると、どんな部屋がいいか、わかってくると思います。

あと、こだわりのない部屋でも、慣れると快適だったりもしますよ(笑)。