新日本フィルのはなし Vol.1

文化の街、錦糸町を代表するオーケストラ、新日本フィルハーモニー交響楽団の
11/22,23日公演は、ルビーのアフタヌーンコンサートですが、
ゲスト指揮者が太田弦さんです。

恥ずかしながら、初めてお名前を目にしましたが、
写真をみてびっくり!!若いです!!25歳!!

クラシックの世界で日本人の若手が台頭してくるのは本当にい嬉しいです。
特に指揮者の世界では若手にチャンスが来ることは珍しい気がします。
若手にチャンスを与える新日本フィルにも感動しますが、非常に気になるコンサートです。

太田弦さん。音楽の世界に入ることを宿命づけられたようなそのお名前。大変プレッシャーもあったのでは…と、勝手に想像してしまいます。しかしインタビューを拝見したら、ご家族はもれなく全員が音楽をされるそうです。凄い。

ひびクラシック様(外部サイト)でのインタビュー

ひびクラinterview<1>
https://hibiclassic.com/special/interview/4804/

調べてみると太田弦さん、今年から大阪交響楽団の正指揮者ではありませんか!!
こんな日本を代表する音楽を知らなったなんて…、最近自分は仕事しすぎかも…と辛くなりました。

さて、太田弦さんの事、色々調べていると、師匠は尾高忠明先生とあるではないですか!!
尾高先生自体がレジェンドですが、日本の指揮者界の超レジェンド、斉藤秀雄先生の系列です。

何を隠そう、筆者も実は斉藤秀雄先生の孫弟子に当たります…(笑)
つまり、従妹弟子???と言うことになりますね…(笑)

すみません、調子に乗って適当な事を言ってしまいました。
私が先生に師事したのは嘘ではありませんが、レベルが違い過ぎます。
はい、冗談でも従妹弟子などとは言えません。。反省します。

話は戻りますが、クラシックの世界、特に指揮者の世界でこんな若手が台頭するって凄いことです。クラシック界の超新星です!!これは注目ですよ!!

私もすみだトリフォニー公演、ぜひ行ってみようと思います。
きっとまた行ってきましたレポートを更新することと思います。
ご期待ください。