賃貸物件の内見のポイント

賃貸物件の内見のポイントはいくつかあります。

内見時の事前準備のすすめ

例えば現在は実家に住んでいて、これからが初めての一人暮らし!でなければ、現在持っている家具家電を次の家に持っていくことになります。

内見のときにいつも行ってから、あ~となるのが、この現在持っている家具家電のサイズです。

特に洗濯機と冷蔵庫辺りのサイズは確認しておくと心配がありません。
様々な物件を見ているとこの二つの置き場が、ここにしか置けないという状況で、しかも少し狭いかもしれない、というケースがあります。

現在所有していてこれからも使うであろう家具家電のサイズがある程度分かっていると、内見時にサイズを図ることが出来て安心です。

更に最近ではインターネット環境も気になるところです。
賃料込みで、マンション全体でインターネットを共有しているところも多くあります。

周辺環境もチェック

marchi不動産はお部屋探しは物件だけでなく、その地域環境も居住環境の一つだという考え方で、周辺環境も合わせたご提案に力を入れています。

もちろん、そこまで神経質に考えない方も多いとは思いますが、やはり少なくともこれから自分が生活する環境をしっかりチェックすることをお勧めします。

飲食店やクリーニング店などのいつも使うであろうお店や、駅からの導線、いつも通ることになる道のりなどです。
昼と夜では雰囲気も異なりますが、賃貸で両方をチェックする方は少ないかもしれません。
(そんな時間はないよ…と普通はなりますね)
その辺り、地域に詳しい不動産屋さんの情報は大切になります、

お部屋と共有部をしっかりチェック

自分だけが使う専有部分(自分のお部屋)をチェックしたら、共有部分もしっかり見ましょう。最近では宅配ロッカのあるマンションも増えてきました。
よく分譲マンションの購入の検討時に言われることですが、ゴミ捨て場のチェックが大切と言われたりします。あまりに散らかっていると、このマンションの住人は…となります。

内見に問題がなければ、申込となります。
申込と契約は異なります。
詳しくはこちらから