不動産屋さんに問い合わせる

気になる物件やエリアが決まったら、不動産屋に問い合わせます。

大手サイトから問い合わせ

サイトで物件やエリアの目星をつけたらそのまま問い合わせができると思います。
ほとんどの不動産屋さんがメールやラインなども扱っています。
もちろん電話が苦手な方でなければ電話が一番早いと思います。
ここで対応がおかしいとなれば、別の不動産屋さんに連絡することをお勧めします。

また個人的な過去の体験から注意点を書きますと、
ここで不動産屋さんは来店誘致します。
とにかくお店に来てもらうことを第一にしているようです。
(当社marchi不動産は違います 笑)

ですので、問い合わせたい物件(希望の物件)が現在も募集しているのかどうかは、きちんと確認することが大切です。
実際に店舗に行ってみたら、自分が問い合わせた物件が既に募集しておらず、全く別の物件を勧められるという経験、何度もしました…(涙)所謂おとり物件とか、おとり広告と言います。

不動産屋さんに直接伝える

ここで少しPRすると、当社のような不動産屋さんにいきなり要望を伝えてしまう、というのも一つの方法です。もちろん、当社でなくとも気になる不動産屋さんを見つけてコンタクトを取るということです。

不動産業者が扱うレインズという会員制サイトでは、流通している賃貸物件が確認できます。これは不動産業者しか使えないサイトですが、ご自身で探すよりも物件を的確に探すことが出来ます。
その際の注意点は、ニーズを出来るだけ細かく、優先順位をつけて伝えるということです。
不動産屋がちゃんとしていれば、いくつかの物件を紹介してくれると思います。
(ここでニーズと異なる物件ばかり紹介されると急にやる気がなくなりますね。)

大手サイトで検索して物件が出てきたとします。この物件を取り扱っているのは○○社、のように表示されますが、実際は他の不動産業者でも取り扱えます。

ここで出てくる不動産業者は、あくまでそのサイトに広告を出している業者、ということが大半です。この辺りは業界の特殊性があって難しいですね。

ごく稀に、本当にその不動産会社しか扱えない(他の業者には扱わせない)としている会社もありますが、これはこれでどうかと思います…(笑)

街を歩いてみる

物件探しに時間を割ける、心にゆとりがある場合、大手サイトで賃料比較や相場を確認したら、実際にそのエリアに行ってみてうろうろしてみる、これは古典的ですが、とても良いと思います。

情報化社会の原題では、パソコンに向かえばかなりの情報は取得出来ます。きになる街の情報もかなり取得できますし、google map のストリートビューを使えば、現地へ行かずともそれなりの雰囲気が分かります。
それでもやはり、実際に行ってみて感じ取れるものは価値があります。

実際に歩いていると素敵な物件に出会ったり、地元密着の不動産屋さんを見つけたりもします。とても入りづらい店舗も多いとは思いますが…(笑)
ただそんな不動産屋さんは地元密着で長年やっているところも多く、ブランドチェーンの不動産屋さんとはまた異なる良いところがあります。
もちろん当社もそういった不動産屋さんの一つです。

内見へ

さて、気になる物件も見つかり、不動産会社も親切で問題ないとなれば実際に物件を内見しましょう。内見せずに決めてしまう即決型の強めの意思を持った方もいらっしゃいますが、一般的には内見をしてから決めることが多いでしょう。

なお、現在入居中や、リノベーション中など、内見出来ない物件もあります。
その場合、内見せずに決めれる方は強いです。
内見しないと決められない…となると、この手の即決型の方に決められてしまうのでご注意ください。(決して強引に契約を煽ったりはしていません… 笑 )